金錯銘花形飾環頭大刀 きんさくめいはながたかざりかんとうたち

その他の画像全3枚中3枚表示

考古資料 / 古墳 / 奈良県 

出土地:奈良県天理市 東大寺山古墳出土
古墳時代・4世紀〔刀身:中国製・2世紀〕
柄頭:銅鋳製 刀身:鉄製 金象嵌
長110.0
1本
銘文:中平□年五月丙午造作支刀百練清剛上応星宿下避不祥
国宝

日本最古の出土銘文(めいぶん)刀剣としてよく知られ、刀身部は中国製で環頭部は日本製です。一部を欠失しますが、刀身背部に金(きん)象嵌(ぞうがん)で24文字が刻まれていたとみられます。「中(ちゅう)平(へい)」(184~189)は後漢・霊帝時代の年号で、後漢書東夷伝に倭国大乱があったとされる時期です。

作品所在地の地図

関連リンク

金錯銘花形飾環頭大刀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花形飾環頭大刀
家形飾環頭大刀
家形飾環頭柄頭
奈良県東大寺山古墳出土品
素環頭大刀
ページトップへ