文化遺産オンライン

梅図

うめず

作品概要

梅図

うめず

絵画 / 江戸

菅井梅関筆、宮本篁村賛

江戸時代・19世紀

紙本墨画

1幅

 力強い筆づかいで映し出された生命力あふれる梅の姿。濃い墨で幹や枝をダイナミックに、淡い墨で満天の星のような梅花を繊細に描き出す。筆者梅関は仙台生。江戸で谷文晁@ぶんちょう@、長崎で清人江稼圃@こうかほ@らに学んだ。賛者は、水戸・潮来@いたこ@出身で仙台藩儒@はんじゅ@となった儒者。

梅図をもっと見る

菅井梅関筆、宮本篁村賛をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 菅井 / 墨画

関連作品

チェックした関連作品の検索