文化遺産オンライン

吉野切

よしのぎれ

作品概要

吉野切

よしのぎれ

/ 鎌倉

伝後醍醐天皇筆

鎌倉時代・14世紀

紙本墨書

1幅

 素紙に和歌一首「なべてより/ひかけもをそき/心地して/たのむるくれそ/しつ心なき」を散らし書きしたもの。もとは紐で綴じた冊子本の1ページ分である。伝称筆者の後醍醐天皇が吉野に行宮(あんぐう)を置いたことにちなむ切名であろうか。(20160119_h032)

吉野切をもっと見る

伝後醍醐天皇筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 断簡 / 書写 /

関連作品

チェックした関連作品の検索