文化遺産オンライン

短刀

たんとう

作品概要

短刀

たんとう

その他 / 鎌倉

伝相州行光

鎌倉時代・14世紀

1口

銘文:無銘 行光

相模国(さがみのくに)の鍛冶、藤三郎行光(とうさぶろうゆきみつ)は、新藤五国光の子とも弟子とも伝え、また五郎入道正宗の実父とも養父とも伝える。在銘の作品が極めて少なく、その多くがこの短刀のように無銘で、後世に行光の作と極められたものである。これは直刃(すぐは)の刃文(はもん)を焼き、金筋(きんすじ)や飛焼(とびやき)などの細かい変化に富む。

短刀をもっと見る

伝相州行光をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 行光 / 国光 / 短刀

関連作品

チェックした関連作品の検索