文化遺産オンライン

染付太鼓胴花入

そめつけたいこどうはないれ

作品概要

染付太鼓胴花入

そめつけたいこどうはないれ

陶磁 / 江戸

戸山

江戸時代・17世紀

磁製

縦23.5 口径10.8 口径11 底径7 胴幅7.9

1口

白地に染付で巴紋(ともえもん)が施された太鼓形の胴をもつ花生。猿は腰かけながら右手で耳を押さえ、左手をかざして空を仰ぎ見ている。太鼓に描かれる巴紋は雷を表わしていることから、猿には雷が見えているのであろう。そのしぐさと表情は雷に怯えているようにも見える。

染付太鼓胴花入をもっと見る

戸山をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索