黒漆中棗 くろうるしちゅうなつめ

その他の画像全4枚中4枚表示

漆工 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
高7.0 径6.1
1合

黒漆塗の中棗(ちゅうなつめ)で、蓋裏に千利休の花押がある。黒漆は中の鉄分が酸化して褐色化しており、相当の使用を経たものと想像される。中箱に山田宗徧(やまだそうへん)が、利休所持の町棗(まちなつめ)と箱書しており、制作当初は市場で流通していた、消耗品として量産された棗とも考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆中棗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松木棗  千宗旦在判
黒漆大棗 銘 咄々斎
枝垂桜蒔絵棗
黒漆棗
鳳凰文戧金経箱
ページトップへ