文化遺産オンライン

黒漆大棗 宗旦銘

くろうるしおおなつめ

作品概要

黒漆大棗 宗旦銘

くろうるしおおなつめ

漆工 / 江戸

江戸時代・17世紀

高7.9 径7.9

1合

堂々とした黒漆塗の大棗で、底裏に朱漆で千宗旦の号を記す。蓋裏には、宗旦参禅の師である清巌宗渭が、宗旦のもとめに応じて「来道人」の銘を授ける旨を書き付けている。古筆了延の極書とともに納める内箱には、表千家8世啐啄斎の箱書がある。(ルビ:せんそうたん せいがんそうい そったく)

黒漆大棗 宗旦銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 宗旦 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索