文化遺産オンライン

熊野勝景図巻

くまのしょうけいずかん

作品概要

熊野勝景図巻

くまのしょうけいずかん

絵画 / 江戸

祇園南海筆

江戸時代・18世紀

紙本墨画

27.3×1218.9

1巻

和歌山から那智滝へと向かう熊野の参詣道。まるで黄金の道のような黄色の淡彩が、鑑賞者を熊野参詣へ誘+いざな+います。細かい筆致を重ねた画面は地理的にも正確で、臨場感にあふれています。筆者の祇園南海は紀伊藩の儒学者で、日本の文人画の草創期を代表する存在です。

熊野勝景図巻をもっと見る

祇園南海筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

南海 / 祇園 / 文人 /

関連作品

チェックした関連作品の検索