Kobaizu

紅梅図

Details

Kobaizu

紅梅図

日本画 / 江戸 / 和歌山県

祇園南海 (1676~1751)

ぎおんなんかい

和歌山市

江戸時代中期

紙本墨画

一幅

和歌山市湊本町3丁目2番地

和歌山市立博物館

祇園南海(1676~1751)は紀州藩に仕えた儒学者で、近世文人画の先駆者として知られる。本図は南海自作の五言律詩「水邨寒梅」をもとに、寒中に咲く紅梅を巧みな筆致で描いている。

Search by Kobaizu

Search by 祇園南海

Search by 和歌山市立博物館

Keywords

Edo / 南海 / / 江戸

Related Works

Search items related to work chosen