Ranzu

蘭図

Details

Ranzu

蘭図

絵画 / 日本画 / 江戸 / 日本 / 近畿

祇園南海 (1676-1751)

ぎおんなんかい

江戸時代中期

紙本墨画

縦47.6cm,横27.3cm

1幅

 款記と印章の組み合わせなどから、祇園南海の60歳前後の作と考えられる。岩の間に花を咲かせた蘭の簡潔な描写と、対角線上に添えられた1篇の対句が一体となり、古来「幽谷之君士」として愛でられてきた蘭の香ぐわしさを、格調高く見事に表現している。南海の父が黄檗宗に帰依していたこともあり、黄檗画僧が描いた作品からの影響が想定される。なお、特徴のある隷書体の題詞は、「幽谷誰知霜雪裏、美人一笑吐清香」とある。

Search by Ranzu

Search by 祇園南海

Search by 和歌山県立博物館

Keywords

Edo / / 南海 / Paintings

Related Works

Search items related to work chosen