墨竹図 ぼくちくず

日本画 / 江戸 / 和歌山県 

祇園南海 (1676~1751)
ぎおんなんかい
和歌山市
江戸時代中期
紙本墨画
一幅
和歌山市湊本町3丁目2番地
和歌山市立博物館

日本の文人画の先駆者の一人・祗園南海(1676~1751)が描いた墨竹図。墨の濃淡を巧みに使い分けて颯爽と繁る竹の風情を表現している。竹幹には南海自作の詩が書かれ、詩画一致の思想が実現されている。

作品所在地の地図

関連リンク

墨竹図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紅梅図
紅梅図

祇園南海

冬景山水図
冬景山水図

祇園南海

梅図
梅図

祇園南海

蘭図
蘭図

祇園南海

五言律詩
五言律詩

祇園南海筆

ページトップへ