茂木七郎右衛門家住宅向蔵 もぎしちろうえもんけじゅうたくむこうぐら

住居建築 / 江戸 / 関東 

千葉県
江戸/1751〜1830
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積66㎡
1棟
千葉県野田市野田339
登録年月日:20180327
登録有形文化財(建造物)

建物群の西南端に建つ土蔵。東面する南北棟で、東側に下屋を付す。内部は一、二階とも板敷一室とし、小屋は叉首組と和小屋を交互に用いる。屋根は切妻造桟瓦葺である。文政四年の野田大火の際と思われる焼損跡が残るなど、地域の歴史を今に伝える土蔵である。

作品所在地の地図

関連リンク

茂木七郎右衛門家住宅向蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

茂木七郎右衛門家住宅本蔵
茂木七郎右衛門家住宅新蔵
茂木七郎右衛門家住宅奥文庫蔵
茂木七郎右衛門家住宅穀物蔵
桝田家住宅土蔵
ページトップへ