文化遺産オンライン

六々武将賛

作品概要

六々武将賛

/ 江戸

藤田心海筆

江戸時代・17世紀

絹本墨書

1巻

筆者の藤田心海(乗因)は、松花堂昭乗を師とした藤田友閑(ふじたゆうかん)の子。本文は、正保年間(1644~48)初頭、榊原忠次の依頼で作製された「三十六武将図屏風」の賛として、林羅山とその子息が撰したもの。本巻は、太公望以下岳飛まで18名の詩を収める。(130226_h082)

六々武将賛をもっと見る

藤田心海筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

松花堂 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索