和歌屏風 わかびょうぶ

その他の画像全4枚中4枚表示

 / 江戸 

松花堂昭乗筆
江戸時代・17世紀
紙本墨書
(各隻)85.6×42.6(1扇・6扇)・85.6×47.5(2扇~5扇)
6曲1双

 松花堂昭乗は江戸初期の三筆の一人として著名であり、画家としても名高い。石清水八幡宮の社僧。『続古今和歌集』から、春歌9首、夏歌4首、秋歌8首、冬歌4首の都合25首を抄出して、金泥の霞引きをほどこした6曲1双の屏風に散らし書きしたもの。     

作品所在地の地図

関連リンク

和歌屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和歌散書花鳥図屏風 松花堂昭乗筆
和歌屏風
和歌屏風

近衛信尹筆

詩書屏風
詩書屏風

貫名菘翁筆

和歌巻
和歌巻

本阿弥光悦筆

百首和歌 伝 藤原為家筆
ページトップへ