文化遺産オンライン

詩書屏風

ししょびょうぶ

作品概要

詩書屏風

ししょびょうぶ

/ 江戸

貫名菘翁筆

江戸時代・安政4年(1857)

紙本墨書

各扇131.3×53.4

6曲1双

貫名菘翁は、江戸時代末期の儒者・書家・画家。この屏風は七言律詩2首を六曲一双に大きく書いたもので、末尾の「丁巳之冬月」の年紀から、菘翁80歳の筆と知られる。中国書法だけでなく、わが国の空海など名筆を学んだ、菘翁の能書ぶりを発揮した遺墨である。

詩書屏風をもっと見る

貫名菘翁筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

屏風 / / びょうぶ /

関連作品

チェックした関連作品の検索