バッタン高機 ばったんたかばた

その他 / 大正 

愛知県
大正
81×166×158
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
トヨタ産業技術記念館

1873年に西陣からの伝習生が持ち帰ったバッタン装置は、翌年の京都博覧会で紹介されると急速に普及して、1880年代には知多や三河をはじめ全国の綿産地で広く用いられるようになりました。理由は、在来の高機にフライシャットル機構を付加することによって、紐を引くだけで杼投げができるようになり生産性が格段に向上したことと、熟練が不要になったこと、また広幅の織物が容易に織れるようになったためです。
展示機は、愛知県内で使われていたものです。

関連リンク

バッタン高機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高機
豊田自動織機G3型
豊田式木製人力織機
豊田式木製人力織機

豊田 佐吉

スルザーグリッパ織機(TW型)
豊田式鉄製自動織機(T式)
ページトップへ