建物のある風景

絵画  油彩画 / 明治 / 日本 

萬鐵五郎 (1885-1927)
よろずてつごろう
1910年(明治43)年
油彩・板
23.5×31.0
額装

 決して大きいとはいえない画面に、すばやい筆致で、逆光になった建物がとらえられている。
 筆致の速度は、単に印象や感情をぶつけたものではない。支持体である板のかたさと応酬することで、絵具の色が光と空気に変容し、空間を開いていくのだ。左上から右下へ、手首をかえす動きを主体に、絵具は厚すぎず薄すぎず、板に応じ、反発し、板から自律した色の組織を編みあげるだろう。
 下部の草むら、建物、空はそれぞれ、白および他の区画の色によってつながりあいながら、互いが互いを浮かびあがらせている。もっとも勢いが強く、色もあざやかな草の黄緑は、斜めの筆致を連ねて、空間を宙にもちあげる。
 建物の紫は、逆光ゆえの光をふくみつつ、縦横の骨組みを画面に与えている。最後に空は、白を多く混ぜた不透明さによって、立ち上がった空間をおさえこんでいく。ただし、筆致の細かさゆえ、重すぎるにはいたらない。
 強い風がぶつかりあって渦を巻くように、筆致の速度、板のかたさ、色彩と光が緊密に交渉しあい、現実の再現にも感情の表出にもとどまらない、絵というはかない幻影を、ひととき定着させているのだ。(石崎勝基)

作品所在地の地図

関連リンク

建物のある風景チェックした作品をもとに関連する作品を探す

朝鮮風景
朝鮮風景

藤島武二

外房しけのあと
風景
風景

清水登之

セーヌ河畔
セーヌ河畔

藤島武二

浜辺
浜辺

藤島武二

ページトップへ