文化遺産オンライン

獅子

しし

作品概要

獅子

しし

彫刻 / その他アジア

制作地:カンボジア・癩王のテラス

アンコール時代・12~13世紀

砂岩

1躯

獅子は寺院の階段の上、参道の脇などに置いて守護神としました。前脚を伸ばして上体を立て、後脚は膝を少し曲げて中腰のような姿勢で臀部{でんぶ}を突き出すのがカンボジアの獅子の特徴です。質の劣る砂岩なので緻密さに欠けますが、噛{か}み合わせた歯の裏を彫り透かしています。(東洋館130102_t11)

獅子をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

関連作品

チェックした関連作品の検索