文化遺産オンライン

小袖 縹縮緬地岩波梅模様

こそで はなだちりめんじいわなみうめもよう

作品概要

小袖 縹縮緬地岩波梅模様

こそで はなだちりめんじいわなみうめもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

細い線で白く染め残した(白上がり)模様は、岩の大きさに不釣合いに咲く梅の枝と波を1つの単位模様として小さく散らされている。濃い地色に白上がりによる小紋は『当流模様雛形都の春』『雛形接穂桜』など18世紀半ばに発行された雛形本に見られる流行。

小袖 縹縮緬地岩波梅模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 小袖 / Edo / Textiles

関連作品

チェックした関連作品の検索