柿釉輪花鉢 かきゆうりんかはち

その他の画像全3枚中3枚表示

陶磁 /  / 中国 

制作地:中国
北宋~金時代・11~12世紀
陶製
高4.5 口径19.3 高台径5.5
1口

鉄釉の一種である柿釉を掛け、見込みは蛇の目に剥いでいます。まるで漆のような落ち着いたつやを放っています。胎は白く、口縁まできわめて薄く挽きあげられています。これは定窯を中心とする北宋時代の華北地方で作られた器に共通する特徴といえます。

作品所在地の地図

関連リンク

柿釉輪花鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ