Dish

Details

Dish

ceramics / Chosun

制作地:朝鮮

Joseon dynasty, 16th century, Korea

Buncheong ware with overall white slip

高3.9 径16.0 高台径5.1

1枚

 粉青(ふんせい)とは灰色の素地に白土を用いて装飾を施した陶器の一群を指し、日本の伝統的な呼称では三島(みしま)、刷毛目(はけめ)などにあたる。粉引は内外全面に白土を塗り掛けたものをいい、白磁が主流となってゆく過程であらわれた、粉青の中では最も後発の技法である。

Search by Dish

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Joseon / 朝鮮 / / 白土

Related Works

Search items related to work chosen