文化遺産オンライン

草虫図軸

そうちゅうず

作品概要

草虫図軸

そうちゅうず

絵画 / / 中国

呂敬甫筆

制作地:中国

明時代・15世紀

絹本着色

(本紙)縦154.6 横78.9

1幅

呂敬甫(りょけいほ)は、明時代に活躍した毘陵(びりょう)の草虫画家です。中央に芥子(けし)と菊花を、上には蝶を、手前にはシラキクナと蘭花を配し。このような左右対称の構図は、唐から北宋時代に流行した古様なもので、呂敬甫の古画学習の成果が表れています。

草虫図軸をもっと見る

呂敬甫筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索