文化遺産オンライン

地蔵菩薩像

じぞうぼさつぞう

作品概要

地蔵菩薩像

じぞうぼさつぞう

絵画 / 南北朝

南北朝時代・14世紀

絹本着色

97.6x39.0

1幅

地蔵菩薩は、苦しみの世界である六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天)の輪廻転生から人々を救い、特に地獄からの救済を重視しているとされる。本図のように雲に乗って来迎する姿は、直接極楽世界へ導いてくれることを期待した図様と考えられている。
(ルビ:じごく・がき・ちくしょう・しゅら・にん・てん)

地蔵菩薩像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

地蔵 / 菩薩 / 鎌倉 / 地獄

関連作品

チェックした関連作品の検索