Shigeru

Details

Shigeru

絵画 / 水彩 / 大正 / 日本

岸田劉生 (1891-1929年)

きしだりゅうせい

1918年

紙,木炭 チョーク

33.5 x 24.5cm

 モデルは1913年画家が22歳の時結婚した妻、蓁(しげる:旧姓小林)である。この素描を制作していた頃は、北欧クラシック絵画の影響を受け始めた時期と云われる。明暗や濃淡の表し方など、画集や雑誌から学んでいるらしい。夫人は準日本風な人であったようだが、ここでは洋風の表現がなされている。1918年10月15日の年記がある。

Search by Shigeru

Search by 岸田劉生

Search by 愛知県美術館

Keywords

劉生 / / 油彩 / oil

Related Works

Search items related to work chosen