文化遺産オンライン

アットゥシ(樹皮衣)

あっとぅし(じゅひい)

作品概要

アットゥシ(樹皮衣)

あっとぅし(じゅひい)

北海道アイヌ

19世紀

アットゥシ地

丈115_襟高10_裄63.5_袖口16.5_袖幅29.5_袖丈46.5_反幅35

1領

アイヌ衣文化を代表する衣服。オヒョウ<ニレ科ニレ属の落葉広葉樹>の靱皮(じんぴ)<内皮>から繊維をつくり、前進機(ぜんしんばた)を用いて織り、衣服に仕立てたもの。袖口、背、襟(えり)、裾周りにアップリケと刺繍とで施文する。通常、ズボンなど下着を用いない。

アットゥシ(樹皮衣)をもっと見る

北海道アイヌをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

アットゥシ / アイヌ / / fiber

関連作品

チェックした関連作品の検索