文化遺産オンライン

アットゥシ(樹皮衣)

あっとぅし(じゅひい)

作品概要

アットゥシ(樹皮衣)

あっとぅし(じゅひい)

北海道アイヌ

19世紀

アットゥシ地

1領

アイヌの代表的な衣服で、主にオヒョウという落葉広葉樹の内皮の繊維を織って作る。木綿やイラクサを織り込んだもの、刺繍やアップリケで装飾したものなどが多い。福井県三国町の北前船にたずさわった旧家に伝来していたものである。

アットゥシ(樹皮衣)をもっと見る

北海道アイヌをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

アットゥシ / アイヌ / fiber / bast

関連作品

チェックした関連作品の検索