文化遺産オンライン

アットゥシ(樹皮衣)

あっとぅし(じゅひい)

作品概要

アットゥシ(樹皮衣)

あっとぅし(じゅひい)

北海道アイヌ

19世紀

アットゥシ地

1領

和人の船頭向けに作られたアットゥシと考えられ、袖が広袖で袂のあるものに仕立てられている。このようなアットゥシは耐水性に優れ、また異国情緒にみちているため、北前船の船頭が好んで用いた。 

アットゥシ(樹皮衣)をもっと見る

北海道アイヌをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

アットゥシ / アイヌ / fiber / じゅひ

関連作品

チェックした関連作品の検索