文化遺産オンライン

アットゥシ(樹皮衣)

あっとぅし(じゅひい)

概要

アットゥシ(樹皮衣)

あっとぅし(じゅひい)

樺太アイヌ

19世紀

アットゥシ地

1領

アイヌの代表的な衣服で、主にオヒョウという落葉広葉樹の内皮の繊維を織って作ります。文様の特徴から樺太タイプのアットゥシと考えられますが、福井県三国町の北前船関係の旧家に伝来していたもので、アイヌと和人との交流史を考える上で貴重な資料です。

アットゥシ(樹皮衣)をもっと見る

樺太アイヌをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

アットゥシ / アイヌ / fiber / 樹皮

関連作品

チェックした関連作品の検索