文化遺産オンライン

洛中洛外図巻

らくちゅうらくがいずかん

作品概要

洛中洛外図巻

らくちゅうらくがいずかん

絵画 / 江戸

住吉具慶筆

江戸時代・17世紀

絹本着色

縦40.9 横1055.9

1巻

住吉具慶(すみよしぐけい)(1631~1705)による、都市とその近郊を対比的に描いた都鄙図巻。巻頭の邸内では、松鶴を描く床貼付に人麻呂像が掛けられ、その手前には文机を挟んで黒白衣冠の人物が対す。人麻呂像を前に和歌の奥義を伝える古今伝授(こきんでんじゅ)の様相を描いた場面と考えられる。

洛中洛外図巻をもっと見る

住吉具慶筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

麻呂 / / 洛外 / 住吉

関連作品

チェックした関連作品の検索