文化遺産オンライン

不動明王立像

ふどうみょうおうりゅうぞう

作品概要

不動明王立像

ふどうみょうおうりゅうぞう

彫刻 / 平安

平安時代・12世紀

木造、彩色・截金、玉眼

高156.4 台座高36.6

1躯

青黒い肌と怒りの表情を浮かべる顔は、仏の使者にして煩悩+ぼんのう+を退治する明王の特徴です。右手に剣、左手に投げ縄の羂索+けんさく+を持っていました。細い手足と穏やかな表現は平安時代後期の特色で、衣には細く切った金箔で描く截金+きりかね+文様が残ります。なお、目に水晶製の玉眼+ぎょくがん+を嵌めた面部は中世に補われたと考えられます。

不動明王立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

不動明王 / 截金 / / 立像

関連作品

チェックした関連作品の検索