文化遺産オンライン

不動明王立像

ふどうみょうおうりゅうぞう

作品概要

不動明王立像

ふどうみょうおうりゅうぞう

彫刻 / 平安

平安時代・11世紀

木造、彩色・截金

像高59.9 髪際高54.8

1躯

頭髪を直毛とし、両眼を見開いて下唇を噛むのは空海ゆかりの姿だが、額に冠帯をつけ、肩に垂れる髪束がねじれるなど、円珍が中国からもたらした表現も採用する。10世紀末ごろに成立した立像形式の不動明王像における古作として貴重。サクラ材を用いた仏像としても珍しい。

不動明王立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

関連作品

チェックした関連作品の検索