文化遺産オンライン

木造不動明王半跏像

もくぞうふどうみょうおうはんかぞう

概要

木造不動明王半跏像

もくぞうふどうみょうおうはんかぞう

木像 / 鎌倉 / 中部 / 岐阜県

不詳

岐阜県

鎌倉

ヒノキ材、寄木造、内刳、玉眼、彩色
 頭頂に莎髻を結い、地髪は巻き毛で、左肩に弁髪を垂らす。両眼は慎目で、上歯で下唇を噛み、耳朶は環状で三道を彫出する。顔を前に向け、条帛、裙、腰布を着け、半跏で左足を下げる。左手は肘を下にして胸脇に構え、掌を上に五指を握り羂索(欠)を執る。右手は肘を外にして腰脇に構え、掌を内に五指を握って宝剣を執る形だが、指先が欠損して宝剣(柄部欠)は別保存とする。
 光背は火焔光。台座は岩座(框欠)。

像高 27.7cm

1躯

岐阜市美江寺町2丁目3番地

岐阜市指定
指定年月日:20151201

美江寺

有形文化財(美術工芸品)

美江寺伝来

木造不動明王半跏像をもっと見る

不詳をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

/ 彫る / / 左手

関連作品

チェックした関連作品の検索