藤巻山馬毫大筆 とうまきさんばごうたいひつ

工芸 / 江戸 

江戸
全長三四.五
管長二〇.四
管径三.四
1
木村陽山コレクション

「山馬」とは、南アジアに分布する大型の鹿の一種「サンバー」のこと。毛質が強く、弾力に富む山馬の毛は現在でも愛好者が多いが、それは昔から変わらず、江戸時代には「唐毛」とよばれた山馬の原毛が大量に輸入されていた。南国の植物を思わせる大胆な筆管彫刻も山馬毫の強さを表しているようである。

作品所在地の地図

関連リンク

藤巻山馬毫大筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

橋本独山所用唐物鉄刀木水牛毫提筆
青貝藤巻象牙管筆
貂毫古代厨子管筆
新村出所用筆一揃
あかしや製 鹿の巻筆
ページトップへ