青貝藤巻象牙管筆 あおがいとうまきぞうげかんひつ

工芸 / 江戸 

江戸
全長四六.一
管長三八.四
管径二.三
1
木村陽山コレクション

穂首と筆管をつなぐ「ダルマ」に象牙を、筆管に青貝を散らし、さらに持ち手の部分を藤巻で仕上げる。象牙のダルマは唐物の装飾筆に用いられることと、大ぶりで寸法が一様でない青貝片を散らす作例は日本に多く、藤巻は日本のみの技術であることを考慮すると、本筆は唐筆の象牙のダルマを再利用して、日本で作られた装飾筆である可能性が高い。日中の技術が一体となった珍品である。

作品所在地の地図

関連リンク

青貝藤巻象牙管筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐物象牙彫宝塔形管筆
唐物螺鈿象嵌雲龍文筆
唐物象牙模竹管筆
唐物青貝十六羅漢図筆
唐物象牙彫八仙筆
ページトップへ