線刻中台八葉院鏡像 せんこくちゅうだいはちよういんきょうぞう

その他の画像全3枚中3枚表示

金工 / 平安 / 岡山県 

出土地:岡山県高梁市マゴロ山経塚出土
平安時代・11世紀
銅鋳造
1面

鏡像の成立背景のひとつに、密教における観想(円相の中に仏の姿を想い描く)が関わるとする考え方がある。この作品は中国製の唐鏡(とうきょう)の鏡面に、大日如来を中心とする胎蔵曼荼羅(たいぞうまんだら)の中台八葉院(ちゅうだいはちよういん)を線刻しており、鏡像成立初期の様相を伝えるものとして貴重である。(20120228_h131)

作品所在地の地図

関連リンク

線刻中台八葉院鏡像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿弥陀如来鏡像(松喰鶴文鏡)
菊花蝶鳥鏡
線刻蔵王権現鏡像
線刻蔵王権現鏡像
瑞花双鳳八花鏡
ページトップへ