Standing Bosatsu (Bodhisattva)

Details

Standing Bosatsu (Bodhisattva)

Sculpture / Heian

Heian period, 10th-11th century

Wood with polychromy

像高165.3

1躯

眉と目の間が広く開き、目がやや吊り上がる厳しい表情は平安時代前期の真言密教(しんごんみっきょう)系の像に共通する特色である。胸、腹部の括(くく)り線を深く刻んで弾力に富む肉付きを表わす一方、衣の襞(ひだ)の彫りは浅い。和様化(わようか)の進む時代に、保守的な仏師が造ったものと考えられる。

Related Works

Search items related to work chosen