文化遺産オンライン

観音菩薩立像

かんのんぼさつりゅうぞう

作品概要

観音菩薩立像

かんのんぼさつりゅうぞう

彫刻 / 平安

平安時代・12世紀

木造、漆箔

像高100.7

1躯

細身で頭部が小さく低い髻、なで肩、おだやかな顔、動きの少ない立ち姿、浅く繊細に刻まれた衣の襞など典型的な平安時代後期の像。こうした作風が11~12世紀の平安貴族に好まれた。肘から先の形、銅製装身具に違和感があるが、これらは後世の補修によるもの。(20120515_h11)

観音菩薩立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

菩薩 / / 平安 / 立像

関連作品

チェックした関連作品の検索