Standing Kannon Bosatsu (Avalokitesvara)

Details

Standing Kannon Bosatsu (Avalokitesvara)

Sculpture / Heian

Heian period, 12th century

Wood with gold leaf

像高100.7

1躯

細身で頭部が小さく低い髻、なで肩、おだやかな顔、動きの少ない立ち姿、浅く繊細に刻まれた衣の襞など典型的な平安時代後期の像。こうした作風が11~12世紀の平安貴族に好まれた。肘から先の形、銅製装身具に違和感があるが、これらは後世の補修によるもの。(20120515_h11)

Related Works

Search items related to work chosen