文化遺産オンライン

腕環

うでわ

作品概要

腕環

うでわ

金工 / 明治

六代沓谷滝次郎作

明治25年(1892)

1個

六代沓谷滝次郎は江戸時代より続く袋物の家に生まれ、同家は明治時代になると西洋の服飾品の製作監修や販売を行った。明治金工は在来の技術を額絵や置物などに応用した点が大きな特徴であるが、こうした転換には沓谷のような者の活動もあったことが知られる。

腕環をもっと見る

六代沓谷滝次郎作 をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

置物 / 技術 / Meiji / 製作

関連作品

チェックした関連作品の検索