カールツアングス縫取織機 かーるつぁんぐすぬいとりしょっき

その他 / 大正 

ドイツ
大正/1920
185×235×310
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
株式会社豊田自動織機

この織機は1920年代にドイツ、カールツァングス社により開発されたサーキュラ式の縫取織機です。、紋よこ糸を内蔵する9個のスワイベルシャットルを持ち、幅2cm前後の紋様を入れることができます。紋様を織るときは、縫取枠を下げてスワイベルシャットルを回転し、紋よこ糸を挿入するもので、ジャカードの指令によりなされます。
展示機は、静岡県の繊維工業試験所が先染織物の高級化・独創化を図るため国補事業として研究用に使用した、日本に1台しかない貴重なものです。

関連リンク

カールツアングス縫取織機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ルーチ両側4丁杼織機
スルザーグリッパ織機(TW型)
マクスボエアジェットルーム MP-9型
津田駒レピア織機(FR001型)
豊田式鉄製広幅動力織機(L式)
ページトップへ