文化遺産オンライン

唐織 紅地松帆桐菱模様

からおり べにじまつほきりびしもよう

作品概要

唐織 紅地松帆桐菱模様

からおり べにじまつほきりびしもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

帆船は能「高砂」に「高砂や、この浦船に帆をあげて」と謡われるように、新しい門出を寿ぐ吉祥模様である。桐もまた、瑞祥である鳳凰が棲むとされる吉祥模様である。関連性のない吉祥模様を組み合わせた捉えどころのない総模様の唐織は、江戸時代後期の様式。

唐織 紅地松帆桐菱模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 唐織 / Edo / Karaori

関連作品

チェックした関連作品の検索