文化遺産オンライン

行書七言絶句軸

ぎょうしょしちごんぜっくじく

作品概要

行書七言絶句軸

ぎょうしょしちごんぜっくじく

/ / 中国

郭尚先筆

制作地:中国

清時代・19世紀

金箔散紙本墨書

127.7×33.5

1幅

銘文:郭尚先 ; 鈐印「臣尚先」 ; 蘭石 ; 鑑蔵印「定静堂印」

郭尚先は福(ふっ)建(けん)省蒲田(ほでん)の人。嘉慶14年(1809)に進士となり、翰林院編修から大理寺卿にいたりました。当時、法帖を学ぶ者は日ご とに少なくなる趨勢にあったが、郭尚先は依然として帖学派を標榜し、董其昌(とうきしょう)流の瀟洒で華麗な書風をよくしました。

行書七言絶句軸をもっと見る

郭尚先筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

静堂 / 鈐印 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索