文化遺産オンライン

小袖 白綸子地斜縞歌文字模様

こそで しろりんずじななめじまうたもじもよう

作品概要

小袖 白綸子地斜縞歌文字模様

こそで しろりんずじななめじまうたもじもよう

染織 / 江戸

江戸時代・17世紀

1領

背面および前面には鹿(か)の子絞りや金糸・色糸の刺繍(ししゅう)で文字模様が入り『拾遺和歌集』巻第8・雑上、斎宮女御の歌「琴の音に峯の松風かよふらし いづれの緒よりしらべそめけむ」と読める。大胆な斜縞は「右巻」と称され、貞享~元禄期の小袖雛形本に見られる。20090914_h101

小袖 白綸子地斜縞歌文字模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

小袖 / 模様 / 綸子 / りんず

関連作品

チェックした関連作品の検索