文化遺産オンライン

小袖 白綸子地枝垂楓笠模様

こそで しろりんずじしだれかえでかさもよう

作品概要

小袖 白綸子地枝垂楓笠模様

こそで しろりんずじしだれかえでかさもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

「雨降れば 笠取山のもみじばは 行きかふ人の 袖さへぞ照る」(『古今和歌集』秋)を題材としたのでしょう。貞享~元禄期に刊行された雛形本に同様の模様があります。王朝風の模様を型鹿の子と刺繡であらわした衣装は、元禄期に流行した様式を示します。

小袖 白綸子地枝垂楓笠模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 小袖 / 綸子 / りんず

関連作品

チェックした関連作品の検索