文化遺産オンライン

中殿御会図(模本)

ちゅうでんぎょかいず

作品概要

中殿御会図(模本)

ちゅうでんぎょかいず

絵画 / 江戸

狩野養信模

江戸時代・19世紀

紙本着色

1巻

建保6年(1218)、順徳天皇(1197~1242)の頃に行なわれた中殿御会の様子を描いた絵巻。中殿御会とは、内裏の清涼殿で行なわれた管絃と和歌の会のこと。琵琶の名器「玄象」を奏でる順徳天皇のほか、参加した31人の貴族の姿が描かれています。けんぽう/じゅんとくてんのう/だいり/せいりょうでん/かんげん/びわ/めいき/げんじょう"

中殿御会図(模本)をもっと見る

狩野養信模をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

絵巻 / 模本 / / 狩野

関連作品

チェックした関連作品の検索