枇杷の湯のサルスベリ群 びわのゆのさるすべりぐん

植物 / 中部 

長野県
江戸時代初期から松本城主が利用した御殿の湯として知られる「枇杷の湯」の敷地を囲むように太いサルスベリが8個体植栽され、最大個体は御殿湯跡前にある根元周2.67メートルの株立ち…
長野県松本市浅間温泉3丁目641-21他4筆
松本市指定
指定年月日:20180821
記念物

当地のサルスベリの植栽時期については資料が散逸しているために正確なところは不明であるが、現地の生育状況及び剪定等で切除した枝跡などに遺された年輪数の解析から、8個体中最も細い根元周78センチメートルの個体でも120年以上、最大個体では250年以上と推定される。

作品所在地の地図

関連リンク

枇杷の湯のサルスベリ群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

廣澤寺参道のケヤキ並木
菊池川堤防のハゼ並木
祥応寺のコノテガシワ
波多神社のコナラ
大朝のテングシデ群落
ページトップへ