梅花図 ばいかず

絵画 / 江戸 

彭城百川筆
江戸時代・18世紀
絹本着色
127.5×43.0
1幅

下が透けるような荒い絹に、白梅が伸びあがり咲く様子が描かれています。作者の百川は名古屋に生まれ、舶載の中国画や画譜を学びながら絵を描き、俳諧もよくした日本文人画の先駆者の一人です。現存する梅図の中でも、着色のものはとても珍しいです。

作品所在地の地図

関連リンク

梅花図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図屏風
山水図屏風

彭城百川筆

紙本淡彩山水図〈彭城百川筆/延亨四年の年記がある/六曲屏風〉
梅図
梅図

祇園南海

西洋人樽造図
西洋人樽造図

司馬江漢筆

十王図
十王図

陸信忠筆

ページトップへ