文化遺産オンライン

萩蝶木画額

はぎちょうもくががく

作品概要

萩蝶木画額

はぎちょうもくががく

漆工 / 明治

西村荘一郎作

明治25年(1892)

1面

西村荘一郎は鳥取藩士の息子で四条派の絵を学び、木工技術を身につけ、色や木目の異なる様々な木材を嵌装して絵画的な図柄を表わす、独特の作風を展開した。ここでも筆と絵の具で描いたと見紛うばかりに、植物の微妙な色合い、しなやかな質感をみごとに表現している。

萩蝶木画額をもっと見る

西村荘一郎作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

荘一 / Nishimura / 西村 / Meiji

関連作品

チェックした関連作品の検索