文化遺産オンライン

松に猿嵌木丸額

まつにさるはめぎまるがく

作品概要

松に猿嵌木丸額

まつにさるはめぎまるがく

その他 / 明治 / 鳥取県

西村荘一郎  (弘化3年生、大正3年没)

にしむらそういちろう

日本

明治時代/1846-1914

木象嵌・丸額

直径105.0cm

1

鳥取市

渡辺美術館

橡(とち)の板に紫壇や黒壇、黒柿などの木片を埋め込む手法で、松の枝に親子三匹の猿が戯れている様子を描いた木象嵌。猿毛の一本まで再現した細緻巧妙な作品となっている。作者の西村荘一郎は明治時代を中心に活躍した御来屋村(現鳥取県大山町)出身の木象嵌師で、明治6(1873)年のウィーン万博をはじめ、国内外の博覧会で数々の賞を受賞。イギリス王室や日本皇室に買い上げられた作品もある。

松に猿嵌木丸額をもっと見る

西村荘一郎をもっと見る

渡辺美術館をもっと見る

キーワード

荘一 / Meiji / 西村 / 万国博覧会

関連作品

チェックした関連作品の検索