因幡・但馬の麒麟獅子舞 いなば・たじまのきりんししまい

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

鳥取県
鳥取県鳥取市、岩美郡岩美町、八頭郡八頭町・若桜町・智頭町、東伯郡湯梨浜町、兵庫県美方郡新温泉町・香美町
指定年月日:20200316
保護団体名:無形民俗文化財「因幡の麒麟獅子舞」連合保存会、但馬地域麒麟獅子舞保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 因幡・但馬の麒麟獅子舞は、中国の想像上の霊獣麒麟を想起させる獅子頭を用い、頭に付いたカヤ(蚊帳)と呼ぶ胴幕(どうまく)に二人が入って舞う二人立ちの獅子舞である。猩々(しょうじょう)と呼ばれる役が付き、太鼓、笛、鉦(かね)の囃子(はやし)にあわせ、獅子は地を這うようにゆっくり頭を回したり、ひねったり、伸び上がるように頭を上げたりして舞うものである。麒麟獅子舞は、鳥取市を中心とした鳥取県東部から兵庫県北西部にかけて分布する。とりわけ旧鳥取市域に多く、旧市域から離れるに従い減少する。分布域の南限は智頭町で、西端は気高町(けたかちょう)(現鳥取市気高町)、東は兵庫県に及び、東端は兵庫県香美町となる。平成三十年三月に刊行された報告書によれば、鳥取県では、一三二の獅子舞が一三五社の神社に、兵庫県では、一〇の獅子舞が一一社の神社に奉納されている。
 麒麟獅子舞は、因幡東照宮(後の樗谿神社(おうちだにじんじゃ)、現・鳥取東照宮)の祭礼行列で舞い始められたといわれる。因幡東照宮は、鳥取藩初代藩主池田光仲(いけだみつなか)が初めて国入りした慶安元年(一六四八)に幕府から東照宮勧請が許可され、慶安三年(一六五〇)に創建された。初めての祭礼行列が盛大に行われたのは、慶安五年(一六五二)九月一七日である。鳥取藩の侍医であった小泉友賢が元禄元年(一六八八)に書き上げた『因幡民談記』(いなばみんだんき)によれば、祭礼行列には「獅子」が出た。江戸時代の文献資料には「麒麟」の表記は出て来ず、「獅子」と記されるのみで、どのような獅子が祭礼行列に出たのかは判然としないが、絵画資料に…

作品所在地の地図

関連リンク

因幡・但馬の麒麟獅子舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勢理客の獅子舞
智頭往来<BR/> 志戸坂峠越
飯塚の獅子舞
大矢田のヒンココ
五島神楽
ページトップへ