文化遺産オンライン

色絵亀甲文香炉

いろえきっこうもんこうろ

作品概要

色絵亀甲文香炉

いろえきっこうもんこうろ

陶磁 / 江戸

京焼

江戸時代・18世紀

陶製

高6.0 口径6.9

1口

銘文:「藤」印

三つの脚が付き、筒形で口が内向した、いわゆる「口寄せ」香炉です。中国・龍泉窯の青磁で作られたこの形式の香炉は、日本では茶の湯の床飾りに珍重されました。これは京焼で写したもので、温かみのある象牙色の素地に細かな亀甲文を配し、貴人好みの典雅な作行きを示しています。

色絵亀甲文香炉をもっと見る

京焼をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

香炉 / / 青磁 /

関連作品

チェックした関連作品の検索